• 結婚式の記念品
  • 結婚式の記念品2

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

アットホームな式

最近の結婚式は、アットホーム感覚で行えるものが人気を集めていて、厳かな場所で行うよりも、気兼ねなく行えるものが多くなっています。
ただ結婚式をあげるだけでなく、参列してくれたゲストを楽しませるために、指輪交換の際、エンゲージリングをゲストつたって渡していくリングリレーと言われるものがあります。
キャンドルセレモニーも両親が一緒になって行えたり、フラワーシャワー時にシャボン玉を使用して使うものなど、オリジナルな式を行えるようになっています。
式中では、両親に感謝を伝えるシーンも多く、記念品の贈呈を行うカップルが増えています。

今まで自分たちを育ててくれた感謝の気持ちを込めたプレゼントを手渡していきます。
参列したゲストも感動するようなシーンが多く、自然と涙を誘います。
素晴らしい結婚式にするためにも、記念品選びは重要になってきます。
人気のものには、フォトフレームや時計、ブリザードフラワーがあるので、両親の喜んでくれるようなものを、二人でじっくり選びましょう。

普段忘れがちなものには

結婚式といえば、参列してくれたゲストに感謝の気持ちを表すギフトをプレゼントします。
ギフトには、自分たちの結婚日を記したお菓子や、普段使いできるお皿やお箸、おしゃれなものだとキャンドルや入浴剤など様々なものがあります。
ゲストにギフトを贈呈することは重要ですが、忘れがちだけど、それ以上に大切なものがあります。

産んでもらってから、成長させてくれた両親に、ありがとうを伝えなければならないことです。
最近では、結婚式中に両親にお礼を言うことができる、記念品の贈呈という場面がメジャーになっています。
両親への記念品には、自分たちの晴れ姿が写ったフォトフレームやミニサイズのアルバムなど幅広い種類に富んでいます。
夫婦として両親に新たな思い出を作ってもらいたい場合には、旅行券をプレゼントすることもあります。
自分たちが生まれた時の記憶を呼び覚ましてもらうように、ウェイトドールと呼ばれる誕生した時と同じ重さのものなど人気を集めています。
ずっと使い続けることができる時計や、枯れることのないブリザードフラワーも記念品として利用されるようになっています。

両親に記念品をあげるときに一番大切なことは、感謝を伝えることなので、気持ちのこもったものを贈る必要があります。

記憶に残るもの

結婚式では、両親に今まで育ててくれた感謝の気持ちを伝える必要があります。
式には親離れし、独り立ちできるようになったという意味があるので、両親にとって記念日になります。
そのような両親を幸せにするためには、心に残るような記念品を贈ることが大事です。

一般的に結婚式の記念品は、形の残るようなものという印象が強いと言われていますが、これからの両親の思い出を作れるようなものも人気を集めています。
結婚することは、両親にとって多くの時間を家族として過ごしたものを、夫婦に戻り人生を送るようになります。
そのような夫婦として楽しく過ごしてもらうためにも、旅行券を贈るカップルが増えてきています。
ゆっくり旅行を行うことで、夫婦水入らずの時間を過ごすことができます。

旅行と同様に時間をプレゼントするといったものには、時計があり、両親に第二の夫婦生活を送ってほしいという気持ちが込められています。
時計には、結婚式の記念日やカップルの名前を入れることで、大切にしてもらえます。